トップページ > 北米イリノイ州のシュア本社を直撃 進化し続ける定番ダイナミックマイクシュアSM58の魅力を大解剖!

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

北米イリノイ州のシュア本社を直撃 進化し続ける定番ダイナミックマイクシュアSM58の魅力を大解剖!

90年近い歴史を誇る、人気マイクブランド「シュア」。北米にあるシュアの本社を訪問し、同社の人気ダイナミックマイク「SM58」が世界トップのクオリティを保ち続ける秘密をたっぷりと聞いてきました。

シュアのダイナミックマイク「SM58」は、音楽に関わる人でその名を知らない人はいないほど“定番中の定番”と言えるモデルです。リハスタやライブハウスに行けば、ボーカル用にはSM58が、ドラムのスネアやギターアンプにはSM57があたり前のようにセッティングされています。また、誰でもすぐに扱える使い勝手の良さと、ガッツのあるサウンドが録れることから、レコーディング用のダイナミックマイクとしても幅広いシーンで愛用されています。

シュア本社を取材してみて明らかになったのは、1966年の発売時に投入された技術の高さと、その品質を保ちながらも進化し続けるSM58の魅力でした。SM58の設計者であるアーニー・シーラー氏はシュア一筋のエンジニアです。コンピュータのなかった時代から、彼が手書きで様々な研究を記録してきたノートは、今でもシュアの財産としてすべて保管されています。彼がSM58に投入し、50年経った今でも誰も到達できない同社独自の技術が2つあります。それは、大音量や衝撃に耐え、ダイナミックな音質を作り出すカプセル「UnidyneV(ユニダイン・スリー)」と、手で握った際のハンドリングノイズを低減する「ニューマチック・ショックマウント」という構造です。

SM58-LCE

オープンプライス
(市場予想価格:¥10,000前後)
●問:潟Iールアクセス
●TEL:03-5456-5032
http://allaccess.co.jp/shure/

バックグランドノイズを低減し、ボーカルを際立たせるカーディオイド(単一指向性)の特性を持つダイナミックマイク。ハンドリングノイズやポップノイズへの対策も万全な、世界中の音楽シーンで活躍している定番モデルだ。再生周波数帯域は50Hz〜15kHz、重量は298g。