トップページ > 高品位なマスターレコーダーとAD/DAコンバーターが合体した究極のレコーディングツールが誕生! TASCAM「DA-3000」(1/3)

高品位なマスターレコーダーとAD/DAコンバーターが合体した究極のレコーディングツールが誕生!TASCAM「DA-3000」


DAWソフトを使っている方は、トラックダウンの際にパソコン内で2ミックスのバウンス(データの書き出し)をしているケースが多いと思います。しかし、プロの現場では一旦データをマスターレコーダーに落とす人が増えています。DA-3000の試奏を行なってくれた飛澤正人氏が「パソコン内でバウンスをしてしまうと、細かいニュアンスがなくなってしまうんです。ですので、私の場合はデータをマスターレコーダーに落として、それをマスタリングスタジオに持ち込んでいます」と言うように、プロの現場ではマスターレコーダーに一旦録音するという作業が常識になりつつあり、この工程こそが作品をより良い音で仕上げる鍵と言っても過言ではありません。

このDA-3000は、プロユースな音質を誇るAD/DAコンバーターとしての機能を備えているのも売りです。モノラル回路を2系統搭載する「デュアルモノーラル」という回路構成を採用することで左右のチャンネルの干渉を防止し、厳選されたパーツを使うことにより、入出力双方のノイズを低減するなど、こだわりが詰め込まれています。様々なシーンにおいてモニタリング環境を向上させるアイテムとしても重宝するでしょう。

なお、本機を複数台用意してCASCADE端子を介して接続することで、マルチレコーディングでも使用できます。さらに、複数のデジタル機器を同時に稼動させる際に必須な「マスタークロック信号」を発信するクロックジェネレーターも、専用の単体機クラスの精度の高いものを搭載しています。このようにDA-3000は、まさにプロ仕様のレコーディングアイテムなのです。

*

DA-3000の内部回路には慎重に選定されたパーツが組み込まれており、特に出力回路部は左右チャンネルの干渉を排除することで高音質を実現している


DA-3000の内部

ワイヤレスリモコン「PC-10」が付属しており、再生や録音開始、停止などの様々な操作を手元で行なうことができる



【Next】 プロエンジニア 飛澤正人氏インタビュー