トップページ > 音楽制作のためのシンセサイザー ヤマハ MOXF6/MOXF8をチェック!

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

音楽制作のためのシンセサイザーヤマハ「MOXF6/MOXF8をチェック!

メロディやフレーズのイメージは、思い浮かんだ瞬間が一番新鮮なので、その鮮度を極力保ったまますぐに楽器を手に取って、思いついたアイディアを弾いて形にするのがベストです。こういったニーズにズバリ応えてくれるのが、
「MOXF6」と「MOXF8」というヤマハが発売した新しい2機種のシンセサイザーです。
 両機種共、上位機種のMOTIF XFシリーズ同等のプリセット音色を持つ「ボイスモード」と、複数の音色を組み合わせて様々なジャンルの演奏が行なえる「パフォーマンスモード」を備えています。実際にプリセット音色を選んで弾いてみると、すぐに曲のイマジネーションが湧いたので、すぐさま鍵盤の近くに用意されているRECボタンを押して、思いついたアイディアをスピーディーに録音しました。こうして記録したアイディアを元に、付属のDAWソフト(スタインバーグCubase AI 7)で曲を作り込むこともできます。アイディアをMOXFに蓄積しておけば、作曲をかなり効 率良く進められること間違いなしです。
 MOXF6とMOXF8は、曲のアイディアをすぐに形にしたい人や、これから音楽制作環境を整えたい人に、メインの機材としてオススメできる非常に便利な作曲ツールです。

PH1

パフォーマンスモードで演奏している時、鍵盤の近くにあるRECボタンを押せば、すぐレコーディングがスタートする。これを利用して、思いついたフレーズを確実にメモしておくことが可能だ


PH2

クオリティの高さに定評があるMOTIF XFシリーズと同等のクオリティを持つシンセ音源を搭載しているので、プリセットを選んで演奏するだけでも音色にインスパイアされて曲のイメージが湧いてくる


PH3

パネル上のノブやスイッチは、パソコンのDAWソフト(MOXF6とMOXF8に同梱されているCubase AI 7など)のコントローラーとしても機能するので、DAWソフトを素早く操作できる

【Next】ヤマハ MOXF6/MOXF8をチェック!Part.2