トップページ > オリジナルCDを作ろう! はじめてのCDプレスガイド 1/2

オリジナルCDを作ろう!CDプレスガイド

オリジナル曲を市販のCDのようにパッケージングして販売するのは、アマチュアの夢でしょう。高品質なCDを短い期間で製造してくれる「CD-PAC」と、紙ジャケットに特化した「紙ジャケット.com」という2つのCDプレスサービスを運営しているメディアパック株式会社のK氏と、同社のデザイナーであるS氏に、初心者がCDを作る時に知っておきたい基礎知識を教えてもらいました。

イラスト1



CDプレスには何が必要?



OKです

ーアマチュアがCDをプレスする時、最低限用意するべきものは何ですか?

K:「マスター音源」(※)とパッケージの「デザインデータ」があればOKです。

ー「マスター音源」はどんな形式で用意すればいいのですか?

K:マスター音源は、CD-Rに普通の音楽CDとして焼いたものをご用意いただければ、そのままのCDが出来上がります。それと、音質の劣化が少ないことで最近注目を集めている「DDP形式」での入稿にも対応しております。

ーCDプレスの経験やデザインの知識がなくても大丈夫ですか?

K:はい、パッケージのデザインはJPEGでのご入稿も可能なので、フリーソフトなどでもお作りいただけます。デザインが苦手な方は弊社に制作をご依頼いただければ、デザイナーがお客様のイメージ通りのデザインに仕上げます。

ーCDのケース(パッケージ)にはどんな種類がありますか?

K:パッケージは、白盤(プロモーション用のサンプル盤)に使う不織布から、シングルなどによく使われるマキシケース、ジュエルケース(Pケース)、紙ジャケット、デジパックがございます。一般的な音楽CDの場合は、ジュエルケース・パッケージが一番人気です。

ー市販のCDに付いているような帯は付けられますか?

K:もちろん付けられます。ジュエルケースとマキシケースの場合、パッケージの料金に帯も含まれています。料金据え置きで両面フルカラー印刷ができますので、例えば帯の裏面をライブの割引券にして使うお客様もいらっしゃいます。

ー何枚ぐらいのプレスから受け付けてくれるのですか?

K:CDプレスの最低発注枚数は100枚からとなります。

ー予算はどのくらいですか?

T:一番安いパッケージは100枚で3万3千2百円からご用意がございます。枚数やご希望をお知らせいただければ、ご予算に合わせてご提案させていただきます。

ーでは、見積もりをお願いするには、どうすればいいですか?

K:ホームページ上にお見積りフォームをご用意しております。また、お電話でも大丈夫ですので、お見積りに限らずどんなことでもお気軽にご相談くださいませ。

ー作品をAmazonなどで販売したい時はどうすればいいですか?

K:Amazonなどの流通会社をご利用の場合は、制作の前にまずデザインするうえで必要な項目(価格やバーコードなど)を流通会社へお問い合わせのうえ、デザインしてください。CD-PACと紙ジャケット.comでは個人で取得するのが面倒なバーコードの発行サービスもありますので、ご利用ください!

ーコミケなどのイベントでCDを販売したい場合、商品搬入のサポートはしてもらえますか?

K:はい、コミケやボーカロイドマスターなど、主要なイベント会場への無料直搬サービスを実施していますのでご安心ください。

ー最後に、CDを作りたいと思っている人にメッセージをお願いします。

K:私達は仕事柄たくさんのCDを見させていただいていますが、最近はクオリティの低い印刷やケースを使ったものが目立ちます。せっかくリリースされるCDですので、品質に信頼のおける弊社をぜひ一度お試しいただければと思います。弊社なら、CDプレスのプロがマスターとデザインをきちんとチェックさせていただきます。


(※)マスター音源:マスタリング済みの完成音源のこと。これがそのままCDになるので、ノイズや音飛びの除去、音圧の調整などはあらかじめ行なっておく必要がある




小見出し

見積もり

まずはCDプレス業者に作りたいパッケージの見積もりを依頼しましょう。その際、料金の他、制作に何が必要なのかも案内してもらえます。



データの入稿

マスター音源とデザインが出来たら、注文フォームを送信してマスターやデザインデータを送付、送信しましょう。担当者がすぐにデザインデータとマスター音源をチェックして、入稿処理を進行してくれます。



支払い

CDプレス業者から送られてくる請求書に記載された金額を、銀行振込またはクレジットカードで支払います。



納品

完成したCDを指定の場所に納品してもらいます。






>>CDをデザインしてみよう