トップページ > これがわかれば宅録が3倍楽しくなる! | 新世代ギターアンプの機能早わかりBOOK
これがわかれば宅録が3倍楽しくなる!

新世代ギターアンプの機能早わかりBOOK

新世代ギターアンプの機能早わかりBOOK
最新のギターアンプは、パソコンやiOS機器に直接録音できたり、曲を再生してセッションができるなど、様々な機能を装備しています。今回はこのような今時の便利機能に注目して、新世代ギターアンプの代表モデルを紹介していきましょう。

取材・文:編集部 写真:小貝和夫

トップ帯

最新のギターアンプにはエフェクターが内蔵されているのは当然で、パソコンにギターを録音することができたり、iPhoneやiPadの音楽ライブラリーと手軽にセッションプレイが楽しめたりと、曲作りに便利な機能や、ギターを演するのがさらに楽しくなる機能が満載されています。オススメのモデルを紹介する前に、新世代のギターアンプに装備されている便利な機能とはどんなものなのかから紹介していきましょう。

パソコンに直接ギターを録音できる

 まず始めに紹介したいのが「オーディオインターフェイス機能」です。この機能はアンプをUSBケーブルでパソコンに接続するだけで、ギターアンプの音を音質劣化なしに高音質でパソコンに録音することができる、宅録(DTM)に欠かせない機能です。
 また、新世代のギターアンプはスピーカーからパソコンの音を再生できるので、宅録用のモニタースピーカーとしても活用できます。ステレオ仕様のモデルや、iPhoneやiPadに録音できるモデルも発売されており、音楽制作に最適なモデルばかりです。

オーディオインターフェイス機能 アンプに装備されているUSB端子は、写真のようなUSB Mini-Bタイプが多い

最近のオーディオインターフェイス機能付きのアンプは、アンプのスピーカーでDAWソフトのモニタリングを行なうことができるモデルが多くなっている

有名ミュージシャンの音色が手に入る

 最近のアンプやマルチエフェクターのメーカーは、ホームページやその製品のオフィシャル・コミュニティサイトなどに、アーティスト本人やファンが作った音色データを公開しており、それをプリセットデータとして本体に読み込むだけで、ハイクオリティなサウンドを手に入れることができます。
 さらにギターの音色だけではなく、バッキングのデータを公開しているメーカーサイトもあり、中にはアーティスト本人が作ったバックトラックのデータを公開している場合もあります。

アーティスト本人やファンが作った音色データを公開

写真は、左からフェンダーMustang用のディープ・パープル「スモーク・オン・ザ・ウォーター」のプリセットデータの画面、中央はライン6のAMPLIFiの専用アプリでキング・クリムゾンの「風に語りて」のサウンドを検索した画面、右はローランドのGTシリーズなどに対応したBOSS TONECENTRALに公開されている スティーヴ・ルカサー(TOTO)本人による動画とサウンドメイクのページ画面

付属ソフトでさらに機能がアップする

 今回紹介しているモデルは、すべてのモデルに専用のソフトが用意されており、本体だけでは扱うことのできない機能を使うことができます。アンプや内蔵エフェクトの詳細なエディットができるのはもとより、本体には装備されていないバックトラックの再生機能や簡易録音機能がソフトには装備されているなど、便利な機能が多数内蔵されています。またDAWソフトがバンドルされているモデルもあり、すぐにパソコンでの本格的な音楽制作を始めることも可能です。

ブラックスターのエディターソフト「INSIDER」

写真はブラックスターのエディターソフト「INSIDER」の画面。本体にはトーンツマミが1つしか装備されていなくても、ソフトでは3バンドEQが表示され、ベース、ミッド、トレブルを調整できるようになる

フェンダーの専用ソフト「FUSE」

写真はフェンダーの専用ソフト「FUSE」の画面。エフェクターの接続順を変えられるだけでなく、アンプの前に入れるか後に入れるかなども設定できるようになっている

スマホやタブレットでギターを楽しめる

 今や、音楽を聴くのはスマホやタブレットと言う人が多いでしょう。音楽制作に関してもDAWソフトのアプリや録音用のアプリなどが続々と登場しています。今回紹介しているアンプには、iOS機器に入っている音楽ライブラリーを読み込んで、センターに位置している音だけを消すことができるセンターキャンセラー機能や、Bluetooth機能を利用してiOS機器などリモコンの代わりにしてワイヤレスでアンプをコントロールできるモデルもあります。

ローランドのCUBE Lite

iPhone専用のリンク端子を装備した、ローランドのCUBE Lite。音楽制作アプリのGarageBandなどや録音アプリに、直接ギターを録音することができる

ライン6のAMPLIFi

ライン6のAMPLIFiはBluetooth機能を装備しており、iOS機器からワイヤレスでアンプのボリュームの調整やエフェクトのエディットなどをすることが可能だ



【Next】ブラックスター「ID:CORE STEREO 20」