トップページ > プロがタンノイの小型モニター「REVEAL 402」を徹底チェック! | 深沼元昭(PLAGUES、GHEEE)
深沼元昭(PLAGUES、GHEEE)がタンノイの小型モニター

REVEAL 402を徹底チェック!

REVEAL 402を徹底チェック!表紙
数多くの名器を生み出してきた英国の名門スピーカーメーカー「タンノイ」から、日本の住宅事情にピッタリな小型モニタースピーカー「REVEAL 402」が発売されました。その洗練されたデザインで早くも話題を呼んでいるこのモデルのサウンドを、プロにチェックしてもらいましょう。試聴を担当してくれたのは、数多くの宅録派から“神”と呼ばれ、PLAGUESやGHEEEの中心人物として活躍している深沼元昭さんです。彼の耳に本機の音はどう響いたのでしょうか。

取材:井桁 学 写真:吉浜弘之

センタースピーカーがあると思うくらい
センター定位の音がハッキリ出る

──今回、タンノイのREVEAL 402をチェックしてもらいましたが、試聴時のセッティングを教えてください。

深沼:CDプレーヤーからミキサーを通してREVEAL 402に接続して、本体のリアにあるレベルツマミは12時の位置に設定しました。2台の左右の距離は、読者の皆さんのような宅録環境での使用を想定して、パソコンのディスプレイやノートパソコンを挟むような距離に置いてみました。あと、本機の下にはインシュレーターを挟んでいます

──では、実際に本機の音質をチェックするのに使用した音源を教えてください。

深沼:ジャンルの異なる3枚のCDを聴いてみました。最近、僕が制作を手掛けたChayという女性シンガーソングライターのシングル「I am」と、つい先週までミックスをしていたGHEEEの最新アルバム、それからミスティ・オールドランドの『LUMINOUS』というUKソウル系のアルバムです。

──実際に試してみて、音質の第一印象はいかがでしたか?

深沼:まず、片手で持てるほど小型なのにローがクリアにキープされていて、さらに定位感がしっかり見えるところに驚きました。Chayの「I am」は、アレンジやプログラミングといったサウンドプロデュースとミックスを僕が担当しているんですね。ミックスは僕の自宅スタジオでフォステクスNF-1Aというモニタースピーカーを使ってやっていて、この曲はもともと歌に絞ってミックスをしたんですけど、REVEAL 402はボーカルトラックの微妙なニュアンスもしっかりと再現できていました。

──GHEEEの激しいロックサウンドもチェックされていましたが?

深沼:このサイズでこれだけ豊かなローの再生能力があるのには驚きましたね。このアルバムはミックスをしたばかりなので、まだフェーダーの細かい動きまで覚えているんですけど、そういう微妙な音量の大小の再現力もすごくあると思いました。

──試聴ではあえて音量を小さくした状態でもチェックしていましたね。

深沼:小さい音量だと、個々のトラックの音色やエフェクトとかは判断しづらいんですけど、ボーカルとギターとかの中音域のバランスがチェックしやすいんですよ。あと、ボーカルトラックのフェーダーで突いた箇所や細かい定位とかも、スピーカーの音量を小さくした方がわかりやすいですからね。

──では、ミスティ・オールドランドを聴いた時の印象はいかがでしたか?

深沼:『LUMINOUS』というアルバムは普段から聴き慣れているし、リファレンスとして使っているCDなんですね。宅録の場合、スピーカーからかなり近い位置で聴くことが多いと思うんですが、REVEAL 402は顔を近づけてもセンターに定位させた音がハッキリ出るんですよ。目の前にセンタースピーカーがあるんじゃないかと思うくらい(笑)。実際、『LUMINOUS』を聴いた時もそういう印象を受けましたし、特にキックやベースとかのセンターに置くパートのローがしっかりと見えるのはいいですね。

REVEAL 402

¥16,500(1本)

永井ICHI雄一郎

 「REVEAL 402 」は、87年もの長きに渡る実績に裏付けられたタンノイ社のサウンドを受け継ぎつつ、宅録ルーム向けのコンパクトな筐体に様々な機能を搭載した新製品だ。小型ながらもサウンドはパワーと明瞭性を両立させており、スウィートスポットも広いので、複数人でのモニタリングもストレスなく行なえる。なお、AUX端子を装備しており、付属のケーブルで音楽プレーヤーなどを直接接続することが可能だ。


【SPEC】
●ウーファー:4インチ
●ツイーター:3/4インチ
●出力:LF=25W、HF=25W(50Wバイアンプ)
●再生周波数帯域:56Hz〜48kHz
●最大出力音圧レベル:101dB
●外形寸法:240(H)×147(W)×212(D)o



リアパネル

リアパネルにはミニステレオ仕様のAUX入力端子を搭載しているので、ポータブルプレーヤーなどの出力から、直接REVEAL 402に入力できる。また、本機を設置する環境によって音質を補正できるEQスイッチも装備している


【問い合わせ先】
問:TCグループ・ジャパン(株)
TEL:03-5302-0191
http://www.tcgroup-japan.com/





深沼元昭

フカヌマ モトアキ

1990年代に高い評価を得ていたロックバンド、プレイグスのリーダーとしてメジャーデビューを果たす。早くからコンピュータベースでの音楽制作を行なっており、その確かなテクニックで「宅録の神」と称されている。現在ではソロプロジェクトのメロウヘッドやGHEEE(ギー)というバンドでも活動を展開しており、ソングライターやプロデューサーとしても活躍中。なお、5月14日には今回の試聴にも使ったGHEEEのニューアルバム『Quad』が発売される予定だ。



【Next】 Part.2