トップページ > Universal Audio「Apollo Twin」をニーヴ1073に変身させる新たなプラグインが登場!
ユニバーサル・オーディオの革命的オーディオインターフェイス
Apollo Twinをニーヴ1073に変身させる新プラグインが登場!
メイン画像

卓上型オーディオインターフェイス「Apollo Twin」のソフトウェアがver.7.7にバージョンアップし、世界中のレコーディングスタジオで使われているマイクプリの名器「ニーヴ1073」を再現した新しいプラグインがオプションで追加できるようになりました。このプラグインの実力を、鈴木Daichi秀行氏とcorin.氏という2名のサウンドプロデューサーがチェックします。

取材:目黒真二 写真:吉浜弘之


1073プラグインを通すと
音がパワフルになるんですよ〈Daichi〉

―今回新しく追加された「Neve 1073 Preamp&EQ Plug-In Collection」(以下、1073プラグイン)を実際に使ってみて、いかがでしたか?

Daichi:僕は、UAD-2に以前からあった1073のプラグイン「Neve1073LegacyEQ」も使ったことがあるんですが、新しい1073プラグインはそれと比べてサウンドのレンジが広がって、ゲインやEQの効きがシャープになって使いやすくなりましたね。

corin.:ゲインを上げていく時の歪み具合が「ニーヴだ!」という感じで、実機そのものですよね。こういうものが以前から欲しかったんですが、それがついに実現したという感じです。

Daichi:Apollo Twinのプリアンプの音はわりとハイファイなんですが、1073プラグインを通すとパワフルになってガッツが出てくるんですよ。

―そもそもニーヴの「1073」というプリアンプは、なぜ多くのスタジオで使われているのでしょうか?

corin.:1073にしか出せない世界観があるんですよ。これを通すだけで音がバシッと決まるという。

Daichi:あと、実際のレコーディング現場って、じっくりと音作りをしている時間がなくて、そういう時に1073を使うとマイクや楽器を接続してゲインを調整するだけで、イメージ通りの「ニーヴの音」になるんです。

corin.:ツマミの構成がシンプルだから操作に迷わないですし、そもそもツマミを細かくイジるタイプの機材じゃないし。だからこそ多くのエンジニアに使われてきたんでしょうね。

―なるほど。では、1073をどのように使うといい音になるのですか?

Daichi:これから1073プラグインを使う人には覚えておいてほしいんですが、本機のゲインは入力レベルを調整するためだけのものじゃないんです。

corin.:ゲインを変えることで音質が変わるんですよね。

Daichi:つまり、音を聴きながら自分好みの音になるゲインの位置を探すんです。従来のNeve 1073 LegacyEQプラグインでもこの操作はできたんですが、ゲインを上げていくとDAW上でレベルオーバーしてしまうことがあったんですよ。だけど、新しい1073プラグインにはアウトプットのフェーダーが付いたから、これを使って適正なレベルでDAWに送れるようになったんです。

corin.:1073プラグインのゲインとフェーダーは、ギターアンプのゲインとマスターボリュームみたいな関係ですよね。これも待望の機能で、「ゲインをもう少し上げたいのに上げられない!」というフラストレーションが解消されました。

―EQの効き具合はいかがですか?

Daichi:EQに関しては綿密に音を作るというよりも、ゲインで作った音に対しての補正に使うのがいいと思います。

corin.:EQも1073らしい個性があって、他の機器やプラグインにはないキャラクターを持っていますね。ハイを上げても耳障りにならずに、音楽的な高域がグッと前に出てくるんです。


アナログ機材のように動作するので
愛おしくなってしまう〈corin.〉

―この1073プラグインは、ApolloTwinのユニゾンテクノロジー(※)に対応していますが、その効果はどのように感じましたか?

Daichi:ゲインとかのツマミを動かす感じと、それに伴う音の変化が一致するというか、本当にアナログ回路を通っているみたいに音が変わるんです。特に実機の1073を知っている人が使うとビックリするんじゃないでしょうか。

corin.:ユニゾンに対応したことで、1073プラグインの価値は3.4倍になったと思います。Apollo TwinがThunderbolt接続に対応しているおかげでレイテンシーもなくかけ録りができますしね。デジタル機器なのにアナログ機材のように動作するので、使っていて愛おしくなってしまいます(笑)。

Daichi:Apollo Twinのノブでプラグインのツマミを操作できるから、余計にアナログ機材っぽく思えるのかもね。

―Apollo Twinや1073プラグインはどんな人にオススメでしょうか?

Daichi:クリエイターやアレンジャー、プレイヤーとか、どの立場の人が使っても音楽制作にベストなチョイスだと思います。特に録り音を重視する人や、ニーヴのカッコいいサウンドが欲しい人の期待を裏切らないと思います。ラインで録ってもマイクで録っても、ニュアンスをしっかり出してくれますからね。

corin.:僕は自宅でApollo Twinを使っていますが、この手のデスクトップ型オーディオインターフェイスの中で初めて「使える」ものだと思いました。宅録環境にマッチするし、付属プラグインがプロ御用達のUAD-2ですからね。

Daichi:音楽ジャンルで言えば、やっぱりロックに合うかな。もちろん色々なジャンルで使えますが、ロックが一番1073独特の雰囲気が合いますから。

corin.:ズ太さが出せるという点では、ダンスミュージック系の音作りに使うのもありかもしれません。1073プラグインでソフトシンセの質感を変えるなんていう使い方もオススメですね


(※)ユニゾンテクノロジー:シミュレートするプリアンプに合わせて、インピーダンスやゲインの特性を自動的に変更してくれる機能のこと

Neve 1073 Preamp&
EQ Plug-In Collection

Neve 1073 Preamp&EQ Plug-In Collection画像

「ニーヴ1073(マイクプリ&EQ)を忠実にモデリングした、UAD-2 /Apolloシリーズ用のプラグイン。アナログ機器の挙動を再現する「ユニゾンテクノロジー」に対応したため、録音時のかけ録りにも使用できる。つまり、このプラグインを利用すれば、Apollo Twinのプリアンプ部をニーヴ1073に変身させることができるわけだ。ユニバーサル・オーディオのウェブサイトで購入可能(299ドル)


取材時の風景

取材時には、1073プラグインを使用した状態と使用していない状態などで比較試聴を行なった。その音源が下のSoundCloud音源だ


ニーヴ1073とは?

「1066」画像

1073は、ニーヴの代表的コンソール「8014」のプリアンプ/EQ部分を独立させたモジュールだ。1970年に登場以来、世界中のレコーディング現場でこぞって使われ、ニーヴを代表するプリアンプ/EQとなった。ゲインを上げていく時に得られる独特の暖かい歪み感や、音楽的でEQくささを感じさせないサウンドが、今なおプロエンジニアのスタンダードとなっている。
 なお、上の写真はDaichi氏が所有する「1066」という機種で、EQの周波数は異なるが、1073と同一のプリアンプを備えている。


Apollo Twin 製品概要

Apollo Twin

アナログ2イン/6アウトとADATインに対応したThunderbolt接続のオーディオインターフェイス。内蔵DSPと高速伝送によりレイテンシーを極力排除し、快適なレコーディング環境を構築できる。また、ユニゾンテクノロジーにより、アナログのプリアンプの質感を再現。Hi-Z入力や独立したヘッドホンアウトなどの装備に加え、ゲインや音量、プラグインのパラメーターなどを操作できる大型のノブも備える

■Apollo Twinの価格・仕様

・オープンプライス
・市場予想価格:SOLO=¥75,000、
DUO=¥95,000
・クロックソース:インターナル、S/P DIF、ADAT
・電源:専用パワーサプライ付属(100〜240VAC)
・最大消費電力:12W
・外形寸法:150(W)×57(H)×152(D)mm
・重量:約1.05kg
※動作環境はフックアップのWebサイトを参照してください



1073プラグインの開発経緯

Apollo Twin

 以前の1073プラグインはEQ部を再現したものとして好評を得ましたが、ユニゾンテクノロジーを開発したことで、新たに1073のチャンネルモジュール全体(プリアンプ部、3バンドEQ部、出力アンプ部)を再現することが可能となりました。各部の再現とそれらの相互干渉に注力し、アナログとデジタルの両方を使ってほぼ実機と同じ特性を再現したのです。
 1073 は「伝説の機材」と呼ばれていて、なかなか手に入らないのが現状ですが、このプラグインを使うことで、最小限のコストとスペースで複数のチャンネルに1073を使えます。1073に触れたことがないユーザーも、Apollo Twinを通じて1073が持つ素晴らしい音楽的なカラーを体験できますし、ぜひ音楽制作に活用してほしいですね。(ユニバーサル・オーディオ/永井ICHI雄一郎)


Profile

corin.氏

corin.

V6やFTISLANDなどの作品のプロデュースを手掛ける他、浜崎あゆみ、AKB48、板野友美、中川翔子、山下智久など、多くの人気アーティストへ楽曲を提供しているクリエイター/サウンドプロデューサー。
オフィシャルサイト(http://corin.jp/

鈴木Daichi秀行氏

鈴木Daichi秀行

ギターやベース、キーボードなどを操るマルチプレイヤーであり、作曲やアレンジ、プロデュースなどでも才能を発揮しているサウンドクリエイター。モーニング娘。やYUI、mihimaru GT、SMAPといった大物アーティストの楽曲を手掛けている。



■お問い合わせ:(株)フックアップ
●TEL:03-6240-1213
●HP: http://www.hookup.co.jp/