トップページ > ギターワイヤレス&簡易PAシステム最前線
ギターワイヤレス&簡易PAシステム最前線
メイン画像
楽器.meをご覧になっている方の中には、宅録で作ったオリジナル曲をライブで発表したいという人もいるでしょう。しかし、ライブハウスは出演するのに高額なノルマがかかります。そこでオススメなのが簡易PAシステムを導入して公園や路上、学園祭などでライブを行なうという方法です。この特集では、今、話題を呼んでいるフットペダル型のレシーバーを持つギターワイヤレス・システムも含めて、オススメのPA機器を紹介していきましょう
写真:小貝和夫 モデル:齋藤京子(ウッド)

簡易PAシステムとは?

 ライブを行なう際に、客席に最適な音量バランスでバンドの音を届けるのに必要なのが簡易PAシステムです。簡易PAシステムの基本的な機材は、ミキサーとPAスピーカーで、それ以外に周辺機器としてマイクとマイクスタンド、ケーブル類が必要になります。
 セッティングをする際は、ハウリングを防止するために、PAスピーカーをマイクや楽器用のアンプなどよりも前に設置するのがコツです。スピーカーを前に出せない場所では、マイクがスピーカーに向かないようなポジションにするとハウリングを抑えることができます。各パートの音量バランスは、ドラムの音量に合わせて、ボーカル→その他の楽器という順で調整していくのが基本です。

簡易PAシステム図


「ギターワイヤレス&簡易PAシステム最前線」メニュー