トップページ > 新世代のUADプラグインの実力を検証! | 第1回:ウーレイ1176 /テレトロニクスLA-2A
ビンテージアウトボードを再現したソフトウェア
新世代のUADプラグインの実力を検証!
メイン画像

【第1回:ウーレイ1176 /テレトロニクスLA-2A】

ユニバーサル・オーディオのApolloシリーズとUAD-2には、コンプの名機である「1176」や「LA-2A」を再現するUADプラグインが同梱されています。ですが、これらは「レガシー」と呼ばれる旧バージョンであり、現在はモデリングし直された新バージョンが追加購入できるようになっています。この新バージョンが旧バージョンと比べてどう変わったのかを徹底検証します。

文:門垣良則(MORG)


1176 Classic Limiter プラグインコレクション

業界定番の伝統的コンプレッサーの
歴史的名器を網羅したプラグイン

1176と言えば、使ったことがないエンジニアはいないであろう定番のコンプであり、歌やアコギ、ベース、スネアを中心に、ジャンルを問わず多くのパートで使われています。製造時期により様々なリビジョン(改訂版)が存在し、それぞれ異なる回路やサウンドを持つため、希少なリビジョンは熱狂的な人気を集めています。個体差も大きく、多くのエンジニアは自分のお気に入りの個体をスタジオに持ち込んだり、「あのスタジオの1176の音がいい」といった話題も出るほどです。インプットとアウトプットのツマミを動かして欲しい質感を得るという、シンプルで独特な操作性が多くのプロを虜にしています。
 今回は、この1176を再現したUADプラグインの新バージョンをチェックします。レガシー(旧バージョン)からルックスが一新され、特に注目は「リビジョンE」の色です(右図参照)。リビジョンEは通称「ブラックフェイス」と呼ばれる黒色のパネルなのですが、厳密には真っ黒ではなく、やや紫がかっており、その色味まで再現されています。
 今回は、アコギ、スネア、ベースの素材で検証しました。すぐに感じたのが実機と同じ質感を持っていることで、特にリビジョンAとEの倍音の豊かさは本当に感動ものです。インプットを突っ込んだ時の挙動や、インプット/アウトプットの位置で倍音や明るさなどを感じながら調整する感覚は、実機と何ら変わりがありません。試しにレガシーに変えてみると、倍音が地味な印象になりました。
 アコギには「リビジョンA」をかけてみました。インプットを控えめにしてアウトプットを上げると、気持ちのいい倍音と共に、低域は豊かに、高域は明るく前に抜けてきます。
 次にベースには「1176AE」をかけ、アタックを「SLO」、レシオを「2」にしました。この設定はアタックを潰さないので低域が力強く増すうえに、密度や距離を感じられるようになり、音の輪郭がハッキリしました。このグイッとくる感じが、AEの人気の所以だと思います。続いてスネアは、極端に潰してリムの音を強調すると最高に気持ちいい音になりました。レシオを「8」にするか、破壊的なサウンドになる「全部押し」にすると、よりハッキリと奥行きを演出できます。
 ちなみに、1176はレシオ値でサウンドの印象が異なります。初期設定は「4」ですが、「8」にするとコンプレッションしていない状態でもサウンドの印象が変わり、ソースによってはヌケが良く感じるケースも多々あります。厳密にチェックすると出力レベルが異なるのですが、それ以上の違いを感じることができるので、ぜひ試してみてください。


New version

▲新バージョンではデザインが一新されてノブが大きくなり、操作性やメーターの視認性が向上した。起動時の各ノブの位置が実機のスタンダードな設定に近くて非常に扱いやすい。新搭載の1176 AEは、アタックを「SLO」にすると文字通りスローなアタック設定が可能だ。レシオは「2:1」が選べて、スローな曲やベースの処理をナチュラルに行なえる


Legacy version

▲以前からUADに含まれていた「1176 Legacy」は、実機と同じ効果を得ようとする時に、ノブの位置が実機と大きく異なってしまうのがネックだった。新バージョンではこの点も改善されている


Hardware

▲ビンテージの1176 は多数のリビジョンがあり、お気に入りの個体を手に入れるまでに多くの手間がかかる。中でも、リビジョンA〜Eは現在入手自体が非常に困難だ


新旧UADプラグイン&実機を聞き比べ!



Teletronix LA-2A Classic Leveler コレクション

最高のビッグサウンドを生み出すことで
今に語り継がれる“魔法のコンプ”

LA-2Aは60年代に設計され、今なお1176と同様に世界中で愛されているコンプレッサーの名器です。真空管回路とオプティカルコンプレッション回路により設計されており、使い方は音色を聴きながら主にゲインで音をドライブさせ、ピークリダクションでコンプのかかり具合を調整します。例えば、ゲインを上げつつピークリダクションを絞れば、いい感じに歪ませることができます。このシンプルな操作性とビッグなサウンドを作れることがLA-2Aの唯一無二の特徴で、主にボーカルやベース、アコギ、キックなどの音作りに使われています。
 そんなLA-2Aを再現したUADプラグインの新バージョンを、今回はレガシー(旧バージョン)と比較しつつ、アコギとベースの素材で検証しました。まずアコギでは、新バージョンの「LA-2」(右図参照)と実機、レガシーを比較しました。アコギの場合、筆者が所有する実機のLA-2Aと音の印象が最も近かったのがLA-2で、多少大げさにリダクションメーターを振らせる設定にしても、非常に心地良くて安心できるノリ.を感じることができました。実は、私は普段からこのLA-2をミックスで愛用しています。一方、レガシーは実機やLA-2とは大きく異なる設定値になりました(実機とLA-2のゲインは「34」あたり、レガシーのゲインは「60」)。
 次にベースは、新バージョンの「グレー/シルバー/LA-2」の3タイプと実機、レガシーを比較してみました。設定値は結果的にアコギとほとんど同じになり、「グレー」はローエンドが豊かで重心が気持ち良く下がり、「シルバー」はアタックのツブ立ちがハッキリして、サウンドが前に出てきました。LA-2は最も柔らかな印象で、テープシミュレーターに似た質感がありました。これらに比べると、レガシーは少し上の帯域(80.100 Hz)あたりが持ち上がる印象ですね。ちなみに、実機(シルバー)の音に最も似ていたのは、やはり新バージョンのシルバーでした。
 今回、実機とUADのプラグインを比較しているうちに、UADと実機での音作りの違いのなさに改めて驚きました。普段から録りの時に実機の1176をかけて、ミックスでUADのLA-2Aをかけるという使い方はよくするのですが、今やわざわざ実機を使う機会がそうそうないのも納得です。逆に言えば1176といいLA-2Aといい、UADで使った経験があれば、実機を違和感なく扱えるようになるのかもしれません。


New version

▲新バージョンのプラグインはビンテージの3タイプを収録し、それぞれ見た目以上に音に個 性がある。パネルの傷まで再現されているのには思わずニヤリとさせられる。新しいインターフェイスは目盛りが見やすく、細かな設定が容易に行なえ、シビアな調整が可能だ。サイズが大きくなったことで操作性が向上し、EMPHASIS(サイドチェインフィルター)も操作できるる


Legacy version

▲レガシー版はDSPの負荷が少ないのが魅力だが、操作感やサウンドの印象が実機とは異なり、EMPHASIS機能を使うことができない


Hardware

▲ビンテージのLA-2A(実機)は1176よりも入手が困難で、まさに“魔法のコンプレッサー”として今なお世界中のエンジニアが求め続けている。なお、復刻版も販売されている



Apolloシリーズを使えば「1176」と「LA-2A」のかけ録りができる!

apollo twin

▲Apollo Twin
(SOLO=¥75 , 000、DUO=¥95,000)

 今回紹介した「1176」と「LA-2A」のプラグインは、ミックスダウンでの音作りに使えるのはもちろんですが、同社のオーディオインターフェイス「Apollo」シリーズを利用することで、レコーディング時の音作りにも活用することができます。つまり、実機を使うのと同じように、コンプレッサーをかけた状態で録音(かけ録り)をすることができるというわけです。
 Apolloシリーズは最高24ビット/192kHzの高音質録音が可能で、デスクトップに最適なアナログ2イン/ 6アウトの「Apollo Twin」と、8イン/ 12アウトの「Apoll o」、アナログ16イン/ 16アウトの「Apollo16」の3機種をラインナップしています。

※価格はオープンプライスの市場予想価格です。


apollo

▲Apollo(DUO=¥196,000 /QUAD=¥250,000)

apollo 16

▲Apollo 16(¥280,000)



■お問い合わせ:(株)フックアップ
●TEL:03-6240-1213
●HP: http://www.hookup.co.jp/


第2回リンク