トップページ > 【最速レポート】ローランド「FA-06」(1/2)

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

NAMMショーで発表された注目のニューモデルを徹底解説!ローランド「FA-06」

2014年のNAMMショーで発表され、大きな注目を集めていたのがローランドの最新シンセ「FA-06」と「FA-08」です。編集部では今回のシンセ特集に合わせて、どこよりも早くこの話題のモデルを試奏しました。「FA-06」を中心に、その魅力をレポートしましょう。

平沢さん、小貝さん
DAWソフトともスムーズに連携できる曲作りに最適なシンセ

 ローランドから曲作りに最適なシンセ「FA-06」が登場しました。基本的な機能は、同社のシンセのフラッグシップとなる音源モジュール「INTEGRA-7」直系の音源を搭載し、アルペジエーターや16トラックのシーケンサー、オーディオの再生や各パートの選択にも使えるサンプルパッドなど、曲作りに便利な機能を満載しています。

 中でも注目なのが「DAWコントロール」というボタンで、Logic Pro、SONAR、CubaseといったDAWソフトを面倒な設定なしにFA-06から操作できます。また、オーディオインターフェイス機能も装備されているので、本機にギターを接続してDAWソフトに録音することが可能です。

 試奏して一番印象的だったのが、アイディアを曲にしていく時の操作性の良さです。サウンドメイクの機能と、曲作りに使うシーケンサーやアルペジオ/リズム機能が連携しており、各機能のほとんどの操作が大型のカラーディスプレイとその下の10個のボタンで行なえるように設計されているので、最小限の操作でスムーズに作業が進められました。

 音質は定評のあるINTEGRA-7譲りなだけあり、ピアノやギター、ドラム、そしてシンセに至るまで各楽器特有の振る舞いまで再現されていて、自然で表情豊かなサウンドを奏でてくれます。さらに、追加の音色ライブラリーも予定されているので、バックトラック作りの音ネタには困らないでしょう。また、オーディオループの演奏に便利なサンプラー機能も搭載しており、発音タイミングを内蔵シーケンサーや鍵盤でコントロールできるので、自由にフレーズを生み出すことができます。

 FA-06は、曲作りの幅を広げたい人に特にオススメのモデルです。

「FA-06/FA-08」スペック

●鍵盤:FA-06=61鍵(ベロシティ対応)、FA-08=88鍵(アイボリーフィールG鍵盤、ピアノタッチ、エスケープメント付き)
●トーン:SuperNATURALアコースティック、SuperNATURALシンセ、SuperNATURALドラムキット、PCMシンセ、PCMドラムキット(※GM2音色を含む)
●最大同時発音数:128音(音源負荷に依存して変化)
●シーケンサー:16トラック
●サンプラー:16ビットリニア、44 . 1kHz、WAV/AIFF/MP3インポート対応、同時発音数=8音
●入出力端子:ヘッドホン(ステレオ標準)、メインアウト( L/モノ、R、TRS標準)、サブアウト(ステレオ標準)、ギター/マイクイン(標準フォーン、Hi- Z対応)、ラインイン(ステレオミニ)フットペダル(CTRL 1、CTRL 2、HOLD)、MIDIイン/アウト、USB(アップデート用)、USB(コンピュータ用)
●電源:付属アダプター
●外形寸法:FA-06=1,008(W)×300(D)×101(H)mm、FA-08=1,415(W)×340(D)×142(H)mm
●重量:FA-06=5.7kg、FA-08=16.5kg
※FA-08は次ページで紹介


INTEGRA-7譲りのサウンド

 音源部はINTEGRA-7直系のものを採用。ピアノ、オルガン、ギター、ドラムなどを網羅するSuperNATURALアコースティックサウンドと、フィルターやアンプのエンベロープの挙動をも再現するSuperNATURALシンセサウンド、そしてローランドの歴代PCM音色を搭載し、音楽制作の即戦力となるサウンドを凝縮している

コントロール部

 本体左側には、フィルターなどのシンセのパラメーターや、リバーブ、コンプ、EQなどのエフェクターを操れるツマミが並ぶ。好きなパラメーターを自分でアサインすることも可能だ。例えば最終出力直前に使用できるTFX(トータル・FX)のパラメーターをアサインすれば、DJパフォーマンスなどにも活用することができる

シーケンサー

 「SEQUENCER」ボタンを押すだけで、すぐに16パートのシーケンサー画面を表示できるのも本機の特徴だ。16パートすべて個別に異なるマルチエフェクトを使うことができるので、エフェクター込みでこだわって作ったオリジナルのサウンドを維持したまま、シーケンサーで演奏させることが可能となっている

サンプラー

 16個のパッドに割り当てたフレーズを、パッドを押すだけで簡単に再生できるサンプラーを搭載しており、フレーズをつなげていくだけで曲の流れを作ることが可能だ。また、同社の人気サンプラーSP-404SXで採用されているエフェクターをTFX(トータル・FX)として内蔵し、過激なエフェクトパフォーマンスを手軽に生み出せる



【Next】曲作りに便利なFA-06の4つのポイント