トップページ > 【プロがレビュー】エレクトロン「Analog Keys」を使ってみた!

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

予測できない音が簡単に作れる、鍵盤が苦手な人にもオススメの1台 エレクトロンAnalog Keys



小見出し

 これは今まで僕が出会ったことのないタイプのシンセで、触っているうちに予測できない音が簡単に作れてしまう、面白いモデルだと思いました。頭の中に描いたサウンドを表現するというよりも、何か面白いアイディアを探している時に、これを遊び感覚で触ってみると、いろんなイメージが湧いてくると思います。そんなアイディアの元がたくさん詰まったシンセという印象です。

 サウンド的には、すごくエッジが立っているというよりは、いい意味で甘いアナログ感があって、中域の明るさもあるのでヌケもいいです。フィルターをどんなにエグくかけても、ローがブワッとブーストしてしまったり、耳に痛い音にはならないのも好印象ですね。それと、ディレイとリバーブがかなり深くかけられるので、汚れたノイズで空間を埋めたりするのにも便利で、他のパートの音に埋もれない存在感があります。そういう意味でも、他にあまりないタイプのシンセですね。

 シーケンサーは昔ながらの16ステップ式ですが、このシンプルさは今となっては新鮮ですし、4トラックを使えるので「複雑なアルペジエーター」として使うと面白そうです。あと、感覚的かつスムーズに音を変化させられるジョイスティックも使い勝手が良かったです。

 イメージ的には、DJがブースに1台置くシンセといった感じもありますね。鍵盤でフレーズを弾くだけではなくて、ホールド機能を使って音を鳴らしっぱなしにして、両手でツマミをイジって音色を変化させるという使い方にも向いていると思います。そういう意味では、鍵盤が弾けない人でも十分に楽しめるモデルですね。シーケンサーを走らせながら、ツマミでフィルターやディストーションを操作してエグいサウンドを作っていくとか、こいつの個性を活かした使い方が見つけられれば、即戦力になること間違いなしです。

音を持続して鳴らすことができるホールドボタンを搭載 sp1

ホールドボタンをオンにすると、鍵盤から手を離してもサウンドを持続して鳴らすことができるので、両手を使ってフィルタリングやエフェクトを可変させるなど、DJ的なパフォーマンスが可能だ


音作りに使うエフェクトなどを割り当てられる10個のツマミを装備 sp1

パネル上には音色によって様々なパラメーターを操作できる10個のツマミを配置。フィルターやLFO 、ディレイなどをアサインして、リアルタイムでアナログサウンドを自由自在に変化させられる


手軽にフレーズが作れる16ステップのステップシーケンサーを搭載 sp1

ダンスミュージックで必須の16ステップシーケンサーを搭載している。ボタンをオンオフするだけでフレーズを素早く作れ、これを組み合わせることで、自分の想像を超えたフレーズが生み出せる





analogkeys


製品画像

概要

37鍵仕様のコンパクトな4ボイス・アナログシンセサイザー。アナログらしい太さと深みのあるトーンは、ベースやリードなど、楽曲で必要なあらゆる音を作ることができる。また、世界的にも高い評価を得ている同社のシーケンサーを使えば、4トラックを同時に鳴らすことができ、複雑でメカニカルなフレーズを鳴らすことも可能だ。

価格:¥194,900
問:Elektron Music Machines
TEL:03-6300-7601

spec

●鍵盤:37鍵盤(セミウェイテッド、ベロシティ対応) ●音源:アナログ ●最大同時発音数:4ボイス ●入出力端子:ヘッドホン、アウトプット×2(L、R)、インディビジュアルアウト×4(トラック1?4)、インプット×2(L、R)、CVゲートアウト×2(AB、CD)、MIDIイン/アウト(シンクアウトA)/スルー(シンクアウトB)、USB  ●シーケンサー:4トラック ●外形寸法:660(W)×309(D)×93(H)mm ●重量:約5.4kg




nishi-ken

葉山拓亮(ハヤマ ヒロアキ)


D-LOOPの一員として1997年にデビュー。現在はLUNA SEAの河村隆一とINORANと共にTourbillonのキーボーディストとしても活躍している。また、他のアーティストへの楽曲提供も100曲を超え、安室奈美恵やDo As Infinityなど、ジャンルを問わず多岐に渡る。近年はレコーディングやライブのサウンドプロデュースも手掛けている。




この記事を読みたい人は

SD3月号

サウンド・デザイナー2014年3月号(Amazon)サウンド・デザイナー