トップページ > 【プロがレビュー】スタジオロジック「Sledge」を使ってみた!

(※)表記されている価格は2014年3月31日以前のものです   

キャラの濃い太い音と音作りのしやすさを併せ持つ個性派モデル スタジオロジックSledge



小見出し

 まず外観のインパクトがすごくて、とにかくカッコいいですね。斬新さがありながらも、パネル面はビンテージシンセを彷彿とさせるレイアウトで、音作りの概念もすごくわかりやすいです。それと、大きなツマミにも惹かれました。試奏中に音を作っている時も「あのツマミはどこだっけ?」と探すこともなくて、すぐに目的のツマミに手を伸ばせるので、まったくストレスを感じません。端子類がボディの左サイドにまとめられているのも珍しいですよね。ステージではリアパネルがスッキリと見せられると思います。それでいて、ヘッドホン端子が手前に用意されているのは気が利いていますよね。

 サウンドの傾向としては、とにかく音が太くて、広い面積で全方向に鳴っているという印象を受けました。オシレーターが3つあるので、曲の主役にもなれるし、曲全体を包み込むような役割でも使えるマルチなサウンドを持っています。モーグやProphetとかのアナログシンセともタイプが違いますし、かと言ってデジタルくささもないんですよ。サウンドのキャタラクターはとても強いんですが、音作りはすごくベーシックなところが気に入りました。

 アルペジエーターもすごく使いやすくて、これを鳴らしながら好きなテンポや音色を探っていけば、思いつかなかったようなフレーズも生まれてきそうですね。鍵盤のタッチはやや深めで、生ピアノを弾く人にとっては、シンセ鍵盤の中では弾きやすい方だと思います。あと、音色的にはシンセ系だけでなく、ストリングスやオルガンとかも内蔵されているので、キーボーディストがステージキーボード的に使うのもいいのではないでしょうか。

 特に、僕のようにシンセを何台か使っていて、楽曲制作とライブを両方やっているという人なら、こういうタイプのモデルが1台あると表現の幅がグンと広がると思います。

音程の違う2つの音を滑らかにつなげるグライドを装備 sp1

ピッチの異なる2つの音を滑らかにつなげるように音程を変化させるグライドが装備されている。本機の場合は、一般的なシンセよりグライドの間隔(変化時間)が長く、ユニークな効果を生み出せる


過激なサウンドメイクができる揺らし系エフェクトを内蔵 sp1

2系統用意されているエフェクトのうち、フランジャー/フェイザー/コーラスがセレクトできる揺らし系のかかりは強力だ。レイトとデプスを感覚的に動かすだけでも攻撃的な音作りが行なえる


キメ細かい設定が可能なアルペジエーターを装備 sp1

最大10オクターブのフレーズが鳴らせるパワフルなアルペジエーターを搭載している。シンプルながら鍵盤から手を離してもアルペジオが有効なラッチモードを装備し、発音の長さも調節可能だ





sledge


製品画像

概要

老舗シンセメーカーとして知られるウォルドルフの最新モデリング技術を採用した、イエローのボディが鮮やかな61鍵のモデル。パネル部はシンセの音が生成される順番に沿ってツマミが並べられており、直感的に音作りができる。アナログシンセの波形に加え、デジタルシンセのPPG Wave音源も搭載し、幅広い音色を出すことが可能だ。

価格:オープンプライス(市場予想価格:¥140 ,000前後)
問:(株)ディリゲント
TEL:03-5159-1821

spec

●鍵盤:61鍵(アフタータッチ) ●音源:デジタル ●最大同時発音数:16ボイス ●入出力端子:ヘッドホン、アウトプット×2(L、R)、エクスプレッションペダル、MIDIイン/アウト、USB、サスティンペダル ●外形寸法:970(W)×405(D)×110(H)mm ●重量:8.3kg




nishi-ken

葉山拓亮(ハヤマ ヒロアキ)


D-LOOPの一員として1997年にデビュー。現在はLUNA SEAの河村隆一とINORANと共にTourbillonのキーボーディストとしても活躍している。また、他のアーティストへの楽曲提供も100曲を超え、安室奈美恵やDo As Infinityなど、ジャンルを問わず多岐に渡る。近年はレコーディングやライブのサウンドプロデュースも手掛けている。




この記事を読みたい人は

SD3月号

サウンド・デザイナー2014年3月号(Amazon)サウンド・デザイナー