トップページ > ライン6「Sonic Port VX」をCu++が最速試奏! | コンデンサーマイクを搭載したユニークなオーディオインターフェイス

Sonic Port VXをCu++が最速試奏!

Cu++

カット


X JAPANのhideに見出されたロックバンド、shameのフロントマンとしてデビュー。その優れたポップ感覚と独特な世界観を持つ歌詞が評判を呼ぶ。Cubaseを核にした環境で楽曲制作を行なっており、その宅録のスキルを活かし、現在ではソロでの活動も精力的に展開している。


音楽制作の新たな時代を切り開く製品が現われたと思った

──まずSonic Port VXを最初に見た印象はいかがでしたか?

Cu++:オーディオインターフェイスとコンデンサーマイクが合体した機材だということは知っていたんですが、箱から取り出してみて「なるほど、こう来たか〜」という感じです。デザインもユニークで面白いと思いました。やはりモバイルを意識しているだけあって、持ってみると軽いんですけど、安っぽい感じじゃなくて、落ち着いたイメージですね。

──では、今回の試奏環境を教えてください。

Cu++:スタインバーグCubaseがインストールしてあるMacBook AirにUSBケーブルでSonic Port VXを接続して、実際にギターと歌を録って性能を検証してみました。それから、アンプアプリのMobile PODをiPhone 6にインストールして、そのサウンドも併せてチェックしています。

──オーディオインターフェイスにコンデンサーマイクが付いているというコンセプトは、どのように感じましたか?

Cu++:僕みたいに片付けや整理が苦手な人間にとっては、こういうシンプルな機材はケーブルの数が少なくて済むので助かります(笑)。これまでもiOSデバイスを使っていい音で録るためのマイクとかはありましたけど、これはエレキギターを直接録音できて、しかも本格的なコンデンサーマイクを内蔵しているということで、音楽制作の新たな時代を切り開く製品が現われたと思いました。

──実際に操作してみて操作性などはどう思いました?

Cu++:必要最小限のコントロールが本体に付いているのがいいですね。最近ではコントロールソフトを使ってパソコン側で色々な設定をするものが多いですけど、これはダイレクトモニターのスイッチとか、操作する頻度が高いものが本体に付いているので、思い立ったらすぐ気軽に録音にとりかかれますし、サクサクと作業が進められると思います。

アナログ的な質感があって、中域が気持ちいいサウンドで録れた

──では、実際に録音をしてみて、マイクの音質はいかがでしたか?

Cu++:歌をモノラルで録ってみたんですけど、音質的には僕がいつも使っているコンデンサーマイクと聴き比べても、大きな差はなかったですね。いい意味で昔のカセットMTRのようなアナログ的な質感があって、中域が気持ちいいクリアなサウンドが録れました。それと、ちょっとコンプがかかっているような感じもあって、それが歌いやすいんですよ。特別な設定をしなくても、人間が耳で聴いているままに近い音質で録れるので、初心者でもある程度のクオリティで録れると思います。ただ、本体のマイクに近づいてボーカルを録るとフカレが発生するので、ポップガードを使った方がいいですね。

──それから、本機はモノとステレオの切り替えがワンタッチでできますが?

Cu++:例えば、アコギを2本のマイクでステレオで収録すると、すごく広がり感がある音が録れるんですけど、アマチュアでコンデンサーマイクを2本揃えるのは難しいですよね。でも、Sonic Port VXがあれば1台でステレオ録音ができるので、ぜひモノとステレオの違いを確かめてほしいですね。それから、遊びでやってみたんですけど、机の上に本体を置いて、両側で交互に机を叩いたら、左右で音が行き来する不思議なパーカッションが録れました(笑)。

──ギターもレコーディングしたそうですが、その音質はいかがでしたか?

Cu++:さすが伝統のライン6サウンドという感じですね。ギターって中域が重要なんですけど、そのへんがうまく録れていました。Mobile PODと組み合わせて録ってみたんですけど、ライン6のシミュレート技術が優れているので、本当にカッコいいサウンドが簡単に作れました。あと、このアプリには「オーディション用のリフを選択」という機能があって、何種類か入っているフレーズをひとつ選ぶと、それを延々と再生してくれるんですよ。普通はギターを鳴らしながら音作りをしますよね。でも、これはギターを弾かずにツマミの操作だけに集中して音作りができるんです。そのへんはすごくよく考えてあると思いました。

──では、このSonic Port VXはどんな用途で使うのがオススメですか?

Cu++:ギターのソフトケースとかカバンに入れてどこにでも持ち運べるので、曲のアイディアのスケッチ用として使うのもいいですし、外で色々な音を録って曲に使う素材集めに使うのもありですね。もしバンドをやっているのなら、リハスタとかでバッキングをステレオマイクで一発録りして、後からギターソロやボーカルをその場でじっくりダビングするという感じで使ってもいいと思います。昔、初めてカセットMTRを買った時って、うれしくてギターや歌を何でも録音しましたけど、Sonic Port VXはその喜びに近い感覚で音楽制作が楽しめると思うんですよね。ですので、初心者の方にもぜひオススメしたいです。

Big Sky

Sonic Port VX

オープンプライス

(市場予想価格:¥23,000前後)


製品概要

 「Sonic Port VX」は、本体をそのままマイクとして使うことができる新発想のオーディオインターフェイスだ。内部には3基のコンデンサーマイクが仕込まれており、ステレオとモノラルを切り替えて使うことができる。コンパクトながらも高品位なマイクプリを内蔵し、音質は最高24ビット/48kHzを実現。Mac、Windows、iOSデバイスのどれでも使用することができ、iOS用のアンプシミュレーター・アプリ「Mobile POD」を併用することで、いつどこでも本格的なサウンドでギターを録音することが可能だ。


SPEC



●マイク:ステレオ/モノラル・コンデンサーマイク

●AD/DA変換:24ビット/48kHz

●入出力端子:インプット(アンバランス)、AUX IN(ステレオミニ)、アウトプット(TRSフォーン)×2、ヘッドホン(ステレオミニ)、USB

●外形寸法:56(W)×46 . 5(H)×153 mm(D)

●重量:200g

●付属品:卓上スタンド、USBケーブル、Lig htningケーブル、他




入力端子

1 入力端子はギターをつなげるインプットと、シンセやドラムマシンなどをつなげるAUXインを備え、出力端子はモニタースピーカーなどをつなぐメインアウトとヘッドホンアウトを装備している。

本体のサイド

2 本体のサイドにはダイレクトモニター用のスイッチを搭載。これをオンにすることでレイテンシーのないモニタリングができるようになる。

反対側のサイド

3 反対側のサイドには、入力ソースを「ギター、マイク(ステレオ)、マイク(モノラル)」から選ぶスイッチと、本体のマイクの入力ゲインを調節するダイヤルが備わっている



本格的なボーカルレコーディング

▲Sonic Port VXはマイクスタンドに取り付けることができ、ポップガードを使えば本格的なボーカルレコーディングが可能だ


本体とパソコンを付属のUSBケーブルでつなぎ

▲本体とパソコンを付属のUSBケーブルでつなぎ、ギターをシールドで接続すればコンパクトなギター録音環境が構築できる


左右に音が飛び交うサウンドが録れた

▲本機をデスク上に置き、ステレオマイクが搭載されているのを利用して、本体の両側を指で叩いてみたところ、左右に音が飛び交うサウンドが録れたとのこと


「Mobile POD」

▲iPadやiPhoneなどのiOSデバイスを使う場合は、この「Mobile POD」というアプリを使って音作りができる


iOSデバイス

▲Sonic Port VXとiPhoneなどのiOSデバイス、そしてヘッドホンがあれば、フィールドレコーディングも気軽に行なうことができる




(株)ヤマハミュージックジャパンLine 6インフォメーションセンター

0570-062-808

詳しくは(http://jp.line6.com/sonicport-audio-interface/sonicport-vx/)をご覧ください。