トップページ > 製品ニュース一覧 > タックシステム、iZotope「Stutter Edit」をリリース!【1月31日発売】
(プロデューサーBTとのコラボで生まれた超過激プラグイン)

製品ニュース

2011/01/20 

タックシステム、iZotope「Stutter Edit」をリリース!【1月31日発売】
(プロデューサーBTとのコラボで生まれた超過激プラグイン)

タックシステムからiZotope「Stutter Edit」がリリースされた(1月31日発売)。「Stutter Edit」は、BTことBrianTranseau(ブライアン・トランソー)とのコラボレーションで生まれたプラグインで、クラブミュージックなどでトリッキーに使用されるスタッター効果(バッファーを活用した過激なエフェクト&編集効果)を今まで以上に作成しやすいのが特徴となっている。プロモーション映像にもあるように「Stutter Edit」の各種パラメーターは、MIDIキーボード/コントローラーからも簡単に制御することが可能。トランス、サイケデリックトランス、ハウスなど、ダンス系クリエイターは要注目の製品だ。価格は、オープンプライス(市場予想税込価格¥29,400) ※2月14日まではスタートアッププロモーション価格¥17,640(税込)が用意されている。

 

 

 

 

 

 

 

■「Stutter Edit」の主な特徴

・楽器のようにエフェクト効果をPLAY
・ステージまたはスタジオでリアルタイムにリミックス
・最先端のオーディオ・スライシングとマニピュレーション
・繊細で直感的なMIDIコントロール

 

 

■「システム仕様条件」

オペレーションシステム:Windows (XP, X64, Vista, 7) Mac OS X 10.5.8以上(Universal Binary)
プラグイン・フォーマット:VST, Audio Unit, Pro Tools 7.4以上(RTASのみ)
対応アプリケーション:Apple Logic, Abelton Live, Pro Tools(7.4以上), CakeWalk SONAR, Steinberg Cubase/Nuendo, image Line FL Studio, Cockos REAPER, MOTU Digital Performer

 

 

 

 

 

製品情報詳細iZotopeタックシステム

この商品に関する新着アイテム